夫にバレる可能性はあるの?

カードローンを利用する条件として真っ先に思い浮かぶのが「安定した収入がある」というものです。
これはつまり仕事に就いていて毎月定期収入が得られることを意味しています。
仕事といっても正社員である必要はありません。
パート勤務でもアルバイトでも、月々の収入が見込めれば申し込むことができます。

 

でもこれって要は無職の専業主婦は借入れできないということになりますよね。
でも心配には及びません。
上記の利用条件は基本的にすべてのカードローンに共通したものではあるのですが、中には例外もあるのです。
銀行系のカードローンなら、夫に安定収入があるということを条件に、専業主婦への貸付を行う場合があります。

 

なぜ銀行のカードローンに限られるのでしょうか?
カードローンの借入れには総量規制という法律が大きく影響しています。
年収の1/3を超える金額になる場合は借入不可となる法律ですが、実はこれは消費者金融や信販系のような貸金業者だけを対象にしたものです。
なので貸金業者には含まれない銀行は総量規制対象外となり、年収に関係なく申し込みすることが可能なのです。

 

ただし本人には収入がないということですから、当然利用限度額は少額に限られています。
でも返済を夫の収入に頼らなければならない専業主婦は大金を借りるリスクは犯さないわけですから、ある程度の限度額でも十分といえるでしょう。
銀行は消費者金融などに比べると金利も低めで、さらに安心感が大きいことが最大のメリットとなっています。

 

しかも専業主婦向けカードローンなら、配偶者の同意書や収入証明書不要で申込みできるのもポイントです。
できれば夫には内緒で借入れしたいというのが専業主婦の本音です。書類の準備で夫にバレる心配もないので、お金が必要になったときに気軽に申込みしやすいのではないでしょうか。
中には指定時間までに申し込めば、最短で当日融資も可能な銀行カードローンもあるのも大きな魅力です。

関連サイト

配偶者貸付なら専業主婦でも借りれる消費者金融があるって本当?
旦那1人の収入を夫婦2人の収入とみなす制度の「配偶者貸付」、この制度を利用すれば消費者金融でも借りれる会社はあります。
それでも利用できる金融会社とできない金融会社や、おすすめしない理由があります。
詳細は下記サイトが詳しく紹介されています。

 

参考にしてください。↓
専業主婦カードローンMrs.|内緒で借入OK厳選安心カードローン
http://www.absalompress.com/